債務整理にかかる費用はいくら?【安く債務整理する方法】

債務整理したいけれど、連帯保証人がいる!※解決策は?

債務整理解決策

多重債務等、多額の債務があり、それらの返済ができなくなった時に、行う手段の一つが、自己破産です。
どれだけ借金があっても、自己破産をしてしまえば、それですべてが解決すると、軽く考える人は少なくありません。

 

債務整理の連帯保証人


ですが、自己破産というのは、現在、手元にある資産を処分し、それらを債務者に公平に分配する事で、残りの債務を免除して貰うという方法です。
ですから、破産宣告を行う際は、家や車、99万円以上の現金、20万円以上の預金など、手持ちの財産や資産の多くを手放す事になります。
問題なくこれですべてが解決する人もいますが、自己破産により周りの人も巻き込んでしまうというケースも珍しくありません。

 

債務整理したら連帯保証人は?

それが、住宅ローンなどを利用する際に、連帯保証人を立てている場合です。
破産宣告をしても、それは当人のみで、連帯保証人の返済義務が免除される訳ではありません。
ですから、住宅ローンが残った状態で破産宣告をすると、連帯保証人に債務が移る事になります。
しかも、連帯保証人に債務が移った場合、一括返済を求められる事になります。

 

解決策とは?

ですから、連帯保証人がいる場合の自己破産は、解決どころか、連帯保証人になってくれた人に多大な迷惑をかけてしまう事になります。
借金がどれだけ多くなっても、最終的に自己破産をすれば、全て問題が解決すると考える人は少なくありません。
ですが、それで個人の借金問題は解決したとしても、周りに迷惑をかける可能性もあるので、軽い気持ちで行わない事が大切です。

 

 

債務整理を行なう前に、デメリットを確認!
個人再生は家を守りながら、ローン返済の計画をたてることができます。個人再生デメリットについてはこちら。

失敗しない債務整理のために

正しい手段を知る
まずはどの手段が正しいかシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

専門家に相談
弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談が出来る弁護士事務所

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法