債務整理にかかる費用はいくら?【安く債務整理する方法】

※債務整理はいくらから出来ますか?いくらかかるんですか?

ご自身が誰かの連帯保証人になっていて、お金を借りていた人が債務整理を行ったとき、連帯保証人にどのような影響が及ぶのか知らない人も多いと思います。まず、債務整理とは何なのか、次に連帯保証人とは何なのか整理した上で、影響について検討していきたいと思います。
まず債務整理とは、多重債務などで困っている人が法的に借金を見直し、無理なく生活返済ができるようにすることを言います。具体的には、自己破産や任意整理、民事再生などの手法を用いて行われます。これにより、お金を貸した側はいくらか債権を放棄してでも、少しでも債権を回収できるというメリットがあり、借りた側は無理なく返済できるようになるというメリットがあります。このように債務整理はお金を借りた本人を救済する手法のことを言います。
一方連帯保証人とは、お金を借りた本人が返せなくなった時に、自分の収入や財産によって代わりに返済しなければならない役割を持つ人を言います。そして、借りた本人が債務整理で借金が減った分は、特約として連帯保証人の責任を免除するという取り決めをしていない限り、連帯保証人が払わなければならなくなります。なので、借りた本人が債務整理を行う場合は、連帯保証人に事前に説明して、一緒に債務整理に参加する必要があります。
詳しくは弁護士などの専門家に相談すると、どのような問題が起こるのか、どうすればいいのか教えてくれます。自分が返済しなくてもいいように、困ったら小さなことでも相談したほうが良いと言えます。

 

個人再生デメリットについてはこちらにて。

失敗しない債務整理のために

正しい手段を知る
まずはどの手段が正しいかシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

専門家に相談
弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談が出来る弁護士事務所

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法