債務整理にかかる費用はいくら?【安く債務整理する方法】

【債務整理】住宅ローンの審査通った!!【最新口コミ情報】

債務整理というと人生の終わりだと考えている人が稀にいますが、そのようなことはなく、毎月節約しながらでの返済であっても一向に元金が減らない場合には行うべき手段だといえます。債務整理と一口に言っても様々な種類があり、任意整理や自己破産、それに個人再生などがあげられます。中でも任意整理はもっとも手続きが簡単で制限の少ない手段であり、収入はあるけど借金がなくならないという人には特におすすめできる方法です。
しかしもちろんデメリットは存在し、ブラックリスト入りの期間は避けて通れません。ブラックリストとは金融業界でよく使われていますが、俗語であり、正式には信用情報機関の事故情報のことです。信用情報機関とは現在日本に数種類ある個人の信用情報をデータとして保持している業者であり、事故情報には社会的信用を落とす行為をした人が記録されます。主に決められた期日にお金を返せない場合に記録されるものです。
一般的にお金の借り入れを行う場合や住宅ローン、クレジットカードの発行などは必ずこの事故情報が参照され、登録されていた場合には審査に合格する確率が極端に低くなります。事故情報に登録される理由は様々なものがあり、一例をあげると返済の遅れです。この程度であれば審査に合格する場合も多々ありますが、債務整理の場合は審査に合格する確率がより下がってしまいます。しかし一定の期間が過ぎればブラックリストから記録は消去されるので一生住宅ローンが組めなくなるわけではありません。
債務整理の場合は5年~10年の期間が経過することでブラックリストから記録が抹消されます。

失敗しない債務整理のために

正しい手段を知る
まずはどの手段が正しいかシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

専門家に相談
弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談が出来る弁護士事務所

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法