債務整理にかかる費用はいくら?【安く債務整理する方法】

債務整理後に住宅ローンって組めますか?※債務整理後の生活

債務整理(自己破産、個人再生、任意整理等)をしてしまうと、今後自由にクレジットカードを利用し辛くなるのは本当のところです。
債務整理は借金返済が出来ない時にサポートしてくれる法制度なのですが、債務事故を起こしてしまった記録は、必ずと言っていいほど個人信用情報機関にインプットされます。
ですから、クレジットカードを新たに作ろうという時は、その人が収入範囲内で返済できるだけの能力があるのか、個人情報機関に照会する入会審査があります。
それ位、事故情報は各金融機関にとって、貸出を許可するかの大切な判断材料になります。
ですから、事故情報がまさに登録期間中の時は、どの信販会社で入会申込しても撥ねられる事が殆どです。
しかし、入会審査の際にどれ位信用情報記録を重く見るかはカード会社によって違います。
中には、信用情報機関の事故情報がきれいにクリアされる前に、カード使用を許可する特例も時々あるようです。
但し、債務整理手段に自己破産を選択している時は、債権先だったカード会社で再び審査を受けても、今後ずっと審査に通るのは難しいです。
その他のカード会社なら、それほど厳しいペナルティーではないですが、信用情報機関に掲載中の5~10年は新規入会は無理と思っていて当然です。
最後に任意整理の場合ですが、もし債権先にカード会社を選択していなくても、契約更新などでカード会社が個人信用情報を照会してしまうと、万一のケースですがカード利用できなくなる時もあります。
ただ、普通どおりに返済していれば、まずカードの有効期限まで信用情報を調べる事はないので、クレジットカード所持は問題ないでしょう。

失敗しない債務整理のために

正しい手段を知る
まずはどの手段が正しいかシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

専門家に相談
弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談が出来る弁護士事務所

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法