債務整理にかかる費用はいくら?【安く債務整理する方法】

【債務整理】クレジットカードのショッピングでも出来ますか?

 

債務整理について

債務整理を行なう場合、選択した手続方法によっては一時的に職を失ってしまう場合があります。

自己破産を行う場合、資格制限などがあるので資格制限に該当している場合で
その資格を利用した職についている場合は、手続が完了するまではその資格を利用した職に就く事が出来ません。

 

 

弁護士、税理士、公認会計士、金融商品取引業などこれだけでなく該当する職種はまだまだあります。

こういった職についている場合、一定の期間仕事が出来なくなってしまうわけですから
職を失う原因になりかねません。

借金がなくなるのは喜ばしいことですが、同時に職を失う可能性があると言う事も忘れてはいけません。

他の債務整理で手続を行なう場合、そういった事はないのですが他の債務整理の方法では
自己破産のように借金の返済義務をなしにする事は不可能です。

資格制限はなくとも、任意整理や特定調停、個人再生を行なう上で受け入れなければならないデメリットはあります。

これらの手続を行なう事で、社会的信用度を失います。

社会的信用度というのは一般からみたものではなく、信用取引を行なう場合です。

ローンが組めなくなってしまいますし、クレジットカードだけでなくデビットカードの発行を拒否される事もあります。

手続後、永久にこの状態のままという事はありませんが5年から最長で10年は審査対象外となると考えた方が無難です。

 

失敗しない債務整理のために

正しい手段を知る
まずはどの手段が正しいかシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

専門家に相談
弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談が出来る弁護士事務所

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法